患者さんが遺伝子検査を受けて、がんの発生を予防する効果は絶大です...


BRCA遺伝子の感受性を自覚しており、対側乳房の予防的切除が必要である。 また、卵巣癌のリスクが高いことを自覚しており、卵巣と卵管の予防的切除が必要である。

患者さんの要望を受け、外科医は、術後も経過観察中であることから、手術を行うべきかどうかについては、専門家による詳細な分析が必要であると助言しました。 一方、母親はBRCA遺伝子検査を受けるよう勧められたが、BRCA基因檢測香港残念ながら検査を拒否した。

高リスク群に対する遺伝子スクリーニングの進展に伴い、患者の母親がBRCA遺伝子技術を検査することで、全身疾患の早期予防や介入、自身の学究生活のエビデンスとすることが重要であると考える。

BRCA遺伝子変異を有する健常者では、乳がん卵巣がんの発生率が著しく高く、適時、注意または監視する必要があります。

したがって、乳がん卵巣がんのBRCA遺伝子変異を持つ患者さんの親族は、その結果が乳がん卵巣がんの個別の予防法や検診法の指針となり、親族のリスクを低減できるため、BRCA遺伝子検査を受けることが推奨されます。

BRCA遺伝子検査の場合、BRCA遺伝子変異を持つ多くの乳がん卵巣がん患者が、がん再発のリスクを減らすための介入方法を選択できることが分かっています。

また、遺伝子検査のメリットについてもまとめましたので、すべての患者さんとそのご家族に遺伝子検査の重要性を知っていただければと思います。

1.Brca遺伝子検査は、乳がん卵巣がんの患者さんに対する標的薬物療法や化学療法の指針となります。

2.高リスク群におけるスクリーニングや腫瘍予防に有用である。

3.BRCA遺伝子検査は、腫瘍の再発リスクを評価し、できるだけ早く介入・治療するために利用することができます。

BRCA検査は幅広い臨床的価値がありますので、ぜひ受けてみてください

一般集団における乳がん卵巣がんの生涯リスクはそれぞれ約12%、1.3%ですが、BRCA1、BRCA2変異のある女性は一般集団の数倍から数十倍のリスクがあると言われています。この2種類の腫瘍が発生する生涯リスクは、数倍から数十倍にもなるので...

 

身體出現哪些症狀可能是癌症的徵兆?

你需要正確瞭解癌症的哪些方面? 1、癌症的種類 我們通常有不同類型的癌症,取決於部位,組織和器官。最常見的癌症就是以器官作為分類的癌症,多發的有肺癌和胃癌,而以組織和腺體為分類標準的癌症,最常見的有乳腺癌,以及甲狀腺癌等,這些癌症...

 

[Krebs zu haben ist ein Todesurteil? Diese vier Arten von Krebs sind alle heilbar, verlieren Sie also nicht den Glauben und die

Das erste, was einem bei der Erwähnung von Krebs in China nicht in den Sinn kommt, ist der Tod, und wenn jemand viele Kr...